ただ切るだけ、ただ振りかけるだけ!

特徴的な塩の振り方が話題になりヌスレット

197963115

nusret-steakhouse-etiler-1

611x395_NUSRET_5130f68c9e9df

images

2016222161558649_1

201622216162774_2

 

肉を切るときのスムーズな包丁さばきと特徴的な塩の振り方が話題になり、インターネットやメディアで一躍有名になったトルコの名物シェフ、ヌスレット・ゴクチェ(Nusret Gokce)氏はイスタンブールやドバイなどでステーキレストラン「Nusr‐Et」を営むオーナーシェフである。店の名前は若いオーナーの名前だ。「Nusret」の最後のETだけを取り出してみると、トルコ語で「肉」の意味になるのだ。

平日はほぼ満席の日が多く、大人数ではほとんど当日予約は無理。美味しい肉を食べたい人にはうってつけの店だということは言うまでもないだろう。エティレルにある人気ステーキ店やアンカラ支店やイスタンブールベベックとドバイなどでもステーキレストランを営業している。すっかり人気者になったヌスレットは海外に新店舗をオープンし、世界中でそのおいしさを味わうことができるようになった。

ヌスレットの店がまだ小さかった頃は、毎日お客様のテーブルで肉をカットしたり、調理したりするショーを自ら行っていたようだが、最近では顔を出すところがたくさんあり、忙しいのかもしれない。ラッキーであればどこかでサービスされるかもしれない。

Videoを見る

投稿者:Reyhan Silingar

リンク:Nusret Steak House

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*