朝食代りのデザート:「カトメル」

トルコのデザートがヨーロッパへ輸出

ガジアンテップ市の朝食に欠かせない「Katmer」はヨーロッパでも大好評。トルコ名物の一つであるこのデサートは当市からドイツ、フランス、イギリス、ニュージーランドなどへ冷凍食品として輸出されている。150年間以上カトメル製造をしてきた家族の三代目として家業を継いだメフメット氏によると、カトメルはガジアンテップ周辺の人々だけでなく、この街を訪れる観光客にも大人気だそうだ。

作り方

強力粉で作った生地を丸めてから1日置いておく。次の日、生地をめん棒でできるだけ薄く伸ばし、その中に生クリームや砂糖やピスタチオパウダーを入れて四角く畳む。その上に少しだけ油を塗る。ちなみにカトメルを石窯で焼くのは本来のやり方である。5,6分ほど焼いたら、上にピスタチオパウダーを散らしてできあがり。

翻訳者:Kemal SAF

情報源:www.gurmerehberi.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*