ボモンティ地区

この5年間で第2の変革

orig_24167

GAHalaban_Out-My-Window_New-York_10

歴史的な地区であるボモンティは世界最大地区の一つであり、イスタンブールの中心に位置している。(オスマンベイ、ニシャンタシュ、タクシムといった、主要な地区に隣接しており、ニシャンタシュ、タクシム、メトロへ徒歩でアクセスできる。また、トネルにはタクシーで5分の距離である。)ボモンティは1890年に、その地にオープンしたビール工場の創立者、アドルフとウォルター・ボモンティ兄弟から名前を取ったらしい。共和国時代の初期から残っているアパートや、市場、古い歴史を持つ教会など、都会の雰囲気を持つ建造物が立ち並ぶボモンティ地区はイスタンブールの隠れた宝石だといってもいいだろう。

イスタンブールで最も古い地区の地名と同じ名前を持つトルコ初の近代的なビール生産工場、ボモンティ・ビール工場は、資本金250万フランの会社の本社をジュネーブに持ち、ボモンティ・ビールは、設立後すぐに独占企業となった。

現在、ボモンティは古き良き時代の文化を残すだけでなく、過去5年にわたる都市開発プロジェクトにより、第2の変革を遂げている。数多くのブティックタイプのマンション・プロジェクトの舞台となっているボモンティ地区周辺は、今、目覚ましい発展を遂げている。

 

投稿者:Reyhan Silingar

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*