イスタンブールの老舗レストラン

オスマンの味を伝える名店

東京に江戸・明治から続く名店があるように、オスマン帝国の首都であったイスタンブールにもオスマン帝国時代から続く老舗ロカンタ(トルコの食堂)がある。

ロカンタは並べられた料理をひとつづつ選んで取っていく形式、自分好みの食事が楽しめる。

イスタンブール新市街にあるハジュ・アブドゥッラーは、『オリエント急行の殺人』で有名なオリエント急行が走り始めた1888年、時の皇帝・アブデュルハミト二世から勅許を得て開業したロカンタ。以来、古都の味を今に伝えている。

アジア側にも老舗ロカンタがある。ヤンヤル・フェーミはオスマン帝国最末期、第一次世界大戦敗戦後の1919年に開業。宮廷料理人を料理長としたヤンヤル・フェーミもやはり、600年続いた帝国の味覚を守っている。

執筆者:永島 育

情報源:http://haciabdullah.com.tr/
http://www.fehmilokantasi.com/tr/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*