チャイと汽船

ヨーロッパとアジアのあいだ

イスタンブールでは汽船が、東京の地下鉄と同じ感覚で利用されている。イスタンブールをアジア側とヨーロッパ側に隔てるボスポラス海峡を、矢切の渡しのように滑る汽船はイスタンブール市民にいちばん親しまれている交通機関である。

イスタンブールの汽船が東京の地下鉄と違うのは、それほど混みあわないということ。つまりゆとりがあるということ。

汽船では欧亜連絡の30分ほどの一息に、一杯50円ほどでチャイが提供されている。本を読むもよし、カモメ飛ぶ空を眺めるもよし、おしゃべりにもよし、そんな汽船でチャイを飲む時間こそがイスタンブールの贅沢な過ごし方ではないだろうか。

執筆者:永島 育

情報源:http://www.sehirhatlari.istanbul/tr

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*