胃袋スープ:イシュケンベ

トルコの「締めの一杯」

イシュケンベはオスマン帝国時代、バルカン半島に住むアルバニア人やブルガリア人から伝わったスープで、今ではトルコ人もよく食べている。

イシュケンベは暖かく優しい味わいで、ごはんの前に飲めば胃の働きを良くし消化吸収を助けるそう。そのほかにもイシュケンベは亜鉛が多く含まれているため免疫力増強に効果があり、コレステロール値の改善にも役立つそう。

イシュケンベはほかにも、飲み会のあとの締めの一杯として飲まれている。いいことづくめのイシュケンベだが、ニンニク入りのものもあるので食べた後の口の臭いには気を付けないといけません。

翻訳者:岩田紗知

情報源:evdesifa.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*