シルクロード:突厥之路 2

GRT(グルメトルコ)特集

イスタンブール 帝王の都


IMG_1625

イスタンブール、ローマ帝国・ビザンツ帝国・オスマン帝国という三つの「ローマ帝国」の玉座の街であり、四辺のあらゆる王侯が王座を置くべく狙った街でもある。

とくに第一次世界大戦後に滅亡したオスマン帝国は、最後のローマ帝国、最後のイスラーム帝国、最後の遊牧民帝国という特徴を持つ。

ローマ帝国最後の都はこのコスタンティニエ(コンスタンティヌス大帝の街)、イスラーム帝国最後の都はこのデルサアーデト(幸いなる街)、遊牧帝国最後の都はこのアースィターネ(京)、どれもイスタンブールの別名である。

ロシア語の別名はツァリグラート、そのものずばり皇帝の街である。

いまはトルコ共和国最大の都市であるイスタンブールの玉座には、皇帝の代わりにネコが座っている。

冒頭の写真はアジア側からアヤソフィアとブルーモスクを望んだもの。

筆者の家はイスタンブールのアジア側にある、ここからアジアの反対側にある東京を目指す。

 

永島 育

前の記事

シルクロード:突厥之路 1

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*