グルテンフリーの黒海料理はいかが?

グルテンフリー
シェア・応援ください

黒海地方の伝統的な料理を特別なレシピで調理するあるレストランでは、セリアック病(小麦や大麦に含まれるグルテンに対する遺伝性の不耐症)やグルテンアレルギーを持つ人でも安心して食事をすることができる。

外食することに不安を抱えるセリアック病の人やグルテンを苦手とする人でも、特別なレシピで調理されるこの黒海料理レストランでは心配ご無用だ。

最近になってグルテンとセリアック病に対する関心が高まり、生産者側もグルテンフリーの製品に注目するようになった。グルテンを苦手とする人たちに加え腸内環境を整えたいと思う人からもグルテンフリーの食品に注目が集まり、こういった悩みを持つ人のために伝統的な料理が特別なレシピで調理されるようになった。

イスタンブールのアジア沿岸とヨーロッパ沿岸に2つの店舗を構えるこのレストランは、セリアック病を持つ人やグルテンに敏感な人にもサービスを提供している。レストランの経営者であるSüleyman Tarakçı(スレイマン タラクチュ)氏は「私どもの提供する数多くの料理は、セリアック病やグルテンアレルギーを持つお客様にも安心してお召し上がりいただけます。」と述べた。

トルコの数多くの郷土料理には様々な特性があることを指摘するTarakçı氏は「私たちは黒海地方に暮らす人間として黒海地方の料理を代表しています。私どもの提供する料理の特筆すべき点はグルテンに注意していることです。セリアック病やグルテンアレルギーを持つお客様にも安心してお召し上がりいただけます。当店ではコーンフラワーを使ったムフラマ(トルコのチーズフォンデュ)、乾燥インゲン豆、ケールのスープ、サルマ(キャベツやブドウの葉で米などの穀物やひき肉を巻いたもの)といった料理をセリアック病やグルテンアレルギーを持つ方向けに提供しております。ほかにも私たちの地方にはシェルベット(フルーツやスパイスなどで味付けされたシロップ状の甘く冷たい飲み物)やデザートなど様々な食品がございます。」と述べている。

情報源:hurriyet.com.tr

投稿者:内貴大翔 Hiroto NAIKI


シェア・応援ください

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*