世界86ヶ国で飲まれるトルコのチャイ

トルコのお茶、海外でも人気

2016年、世界86ヶ国で6,668,820キロのチャイが販売された。28,730,748ドルの売り上げを獲得したチャイは、その輸出先国においてベルギーとドイツがトップを占めている。

昨年チャイの輸出相手国においてベルギーとドイツがトップを占めた際、シンガポール、中国、コンゴ、エチオピア、セネガル、日本、ソマリア、ガーナ、バーレーン、ガンビア、リトアニア、そしてナイジェリアといった様々な国々への輸出が実現した。

アナドル通信社の東黒海輸出国連合(DKİB)での発表によると、2016年に86ヶ国に6,668,820キロのチャイが販売され、輸出額は28,730,748ドルとなった。

そしてトルコの昨年のチャイの輸出はベルギーへの2,114,716キロが最大であった。

「知名度を上げる活動は、輸出量を増やす上で重要な要素」

東黒海輸出国連合(DKİB)の会長アフメット・ハムディ・ギュルドアン氏は、アナドル通信社によってなされた発表において東黒海地域にとってチャイが重要な生産品となっていると説明した。

チャイの輸出量が日に日に増加していると語るギュルドアン氏は以下のように語った。「チャイの輸出量増加において、国営企業ÇAYKUR(チャイクル)社が非常に重要な一端を担った。特に近年チャイクルが行ってきた活動や知名度を上げる活動はチャイの輸出量増加において非常に重要な要素となった。チャイクルが海外市場において行ってきた広告活動やフェアへの参加は輸出量増加に対する大きな貢献となったようである。

  

翻訳者:Mayumi Suematsu

情報源:www.mutfakhaber.net

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*