美味しいオリーブの産地トルコ~世界二位を目指す

昨年同期と比べオリーブの生産量が21%向上見込み

oil

「全国オリーブとオリーブオイル評議会」・会長Ümmühan Tibet (ウッムハン・チベット)氏は昨年と比べオリーブの生産量が21%、オリーブオイルの生産量が13%向上する見込みを明らかにした。

全国オリーブとオリーブオイル収穫量調査団のレポートによると:

*一本あたりのオリーブ収穫量は27%(3キロ)増加し、オリーブ粒数も21%増加する。

*トルコ全国に2016年-2017年のシーズンに於いて1.44億384万666本の結実木があり(昨年と比べ0.55%減少)、2,600万895千736本の無結実の木がある(昨年と比べ2.5%増加)。

発表後に話したチベット会長は『我が評議会(UZZK)の目的は2023年におけるオリーブとオリーブオイルの生産に於いて世界二位を目指している。木の数にしてはスペインの3億1500万本に対して1億7100万本ですでに世界にいだが一本当たりの生産性を上げなければなりません。現在それは11キロレベルです。』と言った。チベット氏はさらにブランディングの重要性を強調した。

翻訳:Roza TALANTEMUR

情報源:www.hürriyet.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*